調理理論で〇〇を学びました

 

みなさん、こんにちは🍒

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です👨‍🍳👩‍🍳✨

 

今回は調理師科1年生の『調理理論』の授業をご紹介します!

 

今回行われた授業のテーマは・・・

“文化祭展示料理について”

“ゼラチンコーティングについて”です!

 

毎年11月に行われる文化祭で、調理師科の学生は

1人1作品、和洋中のジャンルを選び、和食の懐石料理や

洋食のパーティー料理など自分でテーマを決めて創作料理の展示を行います⭐⭐

▲創作料理展示会場の様子

 

平岡学園の文化祭は、毎年2万人を超えるお客様にご来場いただきます!

創作料理展示会場も、多くのお客様で賑わいます😊

1人1作品の創作料理が並ぶと圧巻です⭐⭐

 

昨年の学生の創作料理を見てみましょう!

▲1つ1つの料理に手がこんでいますね

 

どのお皿にも飾り切りの野菜があり、見る側もとても楽しめます👨‍🍳👩‍🍳💚

▲可愛らしい作品です

 

右上にあるスイーツもなんと手作りなんですよ!

装飾品にもこだわりがありますね💕

 

この創作料理で最も重要なゼラチンコーティング✨

今回授業を行って頂いたのが・・・

▲タカクラホテル福岡 総料理長 高橋 毅 先生です

▲今回はフィンガーフード(手でつまんで食べる料理)を作って頂きました

 

そのフィンガーフードをゼラチンコーティングする調理法を学びました!

調理の現場では、サンプル食品を作ったりする際にゼラチンコーティングを使用するそうです🍀🍀

ゼラチンによる防腐加工が重要で、コンクールでも重宝される技法なのです🤔

 

一言にゼラチンと言っても、温度や使用する食材によって取り扱いがとっても難しいんです!

 

高橋先生よりゼラチンの扱い方のコツを学びました👍👍

▲高橋先生がゼラチンをかけた料理に学生は興味深々!

「普通に食べられそ~う!」と作品を見ていました🤡💙

▲実際にオクラを使ってゼラチンコーティングを体験しました

すぐに固まってしまうので、学生のみなさん苦戦しています💦

▲コツを掴んで上手に出来ました

 

夏休み明けから本格的に創作料理展示に向けて動き始めます!

1人1人素敵な作品が完成出来るよう、頑張ってくださいね💙🧡

 

今年の文化祭は・・・

11月9日(土)・10日(日)🎵

11月の文化祭の際には、学生1人1作品の創作料理を見にぜひお越しください!