栄養士科の1年生!初めての「本格的製菓実習」を経験しました!

 

みなさんこんにちは🐷🐮

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🍀🍀

本校は「調理もできる栄養士」の養成で有名ですが、なんと料理だけでなく、お菓子も作れるんです!

和・洋・中華を学ぶ「調理学実習」の中には、デザートも含まれるのですが、それ以外に特別枠で「製菓実習」も組み込まれています🌸🌸

今回は1年生の初めての「製菓実習」の様子を覗いてみましょう!

講師の先生は、プロとして長く第一線で活躍してきたパティシエの常勤講師です

しかも、実習室も「製菓専用の実習室」を使用します!

栄養士科では見ることがない製菓専門の機器も沢山備えてあって、学生達も興味深そう🌸🌸

▲「石釜オーブン」や「瞬間冷凍庫」など、専門の本格的機器に囲まれた実習室

 

製菓衛生師科の先生に、本格的かつ実践的な内容を習うとあって、学生達も「いつもと違う」気合いが入っているようです✨

 

今回の課題は・・・

▲「ジュレ・ド・パンプルムース」と「生姜シフォンケーキ」
(ジュレはフランス語ゼリー、パンプルムースはグレープフルーツという意味です)

まずは、先生のお手本を見て、作り方を学びます👍👍

▲製菓専用実習室の師範台は、なんと「大理石」で出来ています!


ちなみに、学生用の実習台もすべて「大理石」仕様です🤡💚

そしていざ!実習に入ります!

▲まずはグレープフルーツを実と皮に分けてカットします

▲フランス語で「カルチェ」と言って、房ごとに取り分けて実だけにしていきます

そうする事で薄皮もなく食べやすく見た目も綺麗になるんですね〜!

▲ゼリーの中身もパールアガーを使用し、ぷるんぷるんの仕上がりに!

 

続いて生姜のシフォンケーキです🍦🎂🍩

シフォンケーキはメレンゲが命!

フワフワになる様にしっかりと卵白を泡立てていきます💙💜

▲メレンゲには砂糖を加えますが、加えるタイミングや量もポイントになってきます!

先日、「調理学」で「卵白の起泡性」について理論を学んだばかりなので、

失敗する事なくとても綺麗なメレンゲが作れていました💯

▲出来上がりが楽しみ~!!

そしてジュレを固めて、シフォンケーキを焼いている間に、師範の仕上げや盛り付け方を見て学びます🎵

▲プロの技術に圧倒!されます

「見た目も重要!!!より美しく飾ると、味も美味しく感じます」

なるほど~!みんな、真剣に聞いていました😋

さぁ、いよいよ出来上がり!

▲いただきま~す!!(満面の笑み)

生姜の風味とアクセントにいれた紅茶の相性がバッチリ!

ジュレもグレープフルーツの皮を器にしているので見た目もオシャレで味もさっぱりしていて最高!

 

とても有意義な時間を過ごせたみたいです💙🧡

平岡学園では、同じ敷地内に調理・製菓校があるので、今回の製菓実習のように、

和洋中華の料理も各ジャンルのプロの講師から学ぶ事ができます!

より高度な技術と知識を身に付けることができます✨

 

今回作った生姜のシフォンケーキは、ベジスイーツと言って、野菜を使った栄養満点のスイーツです🍀🍀

オープンキャンパスでも作る事が出来るので、是非参加してみてくださいね🐥💜