実習室開放で先輩目指して頑張ります

みなさん、こんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 調理師科です 💜❤

今日は学校オリジナルの取り組みをご紹介します🐸💛

平岡学園では「実習室開放」という学生の自主練習の場を設けています!

自分の苦手な技術を反復練習することでより技術を高めることができます‼

さらに!講師の先生方からもマンツーマンで指導を受けることができる貴重な機会となっています🎵

それでは実習室開放の様子を覗いてみましょう⭐⭐

▲大量のキャベツで千切りの練習中~!

1年生も約2か月が経過し、様々な授業が行われています🍅🥦🍆

和・洋・中の様々な基礎技術を磨いていますよ!

▲2年生は剥き物の梅人参を練習中

2年生になると和・洋・中、

それぞれなりたい自分になる為、就職希望ジャンルを特訓しています💜💚

ちなみに・・・授業で使う実習室はこちら!

「1人1台の実習台」で、基礎から応用までしっかり身につけていきます‼

▲赤線で囲まれた部分が1人分のスペース

調理師科では昨年度、実習室をリニューアルしたことで、

1人1人にとって実習が濃いものとなり、技術をより高められる環境にパワーアップしました🐷🐮

しかも!1人にあたり、こんなにたくさんの器具を使用することが出来るんです🍒

▲全てのジャンルの器具が揃っています

また、火口、切り物をするスペースも1人1人しっかりありますので、

調理の一連の流れをしっかり叩き込んでいくことができますよ~⭐⭐

 

このような環境の中で、土台となる基礎技術を身に付けた結果として…

今年の2月に開催された調理技術コンクール全国大会(通称グルメピック)では、

九州地区大会を経て、九州最多となる6名が全国大会に出場しました!

▲全国の舞台で頑張りました!

そして、この全国大会で見事!

内閣総理大臣賞を受賞し2年ぶりの日本一に輝きました💙💛(詳細はこちら)

▲平成30年度卒業 山村奈々子さん(福岡県 久留米市立南筑高校 内定先:ホテルオークラ福岡)

日本一に輝けたのも、日頃の努力の賜物ですね!

在校生のみなさん実習室開放に積極的に参加して、素敵な調理師目指し技術を磨いていきましょう🍀🍀

 

加工実習でイチゴジャムを作りました

 

みなさんこんにちは❤💚

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です😋

さて今日は、栄養士科2年生の授業「食品加工実習」の様子をご紹介します!

普段、家庭でも作ることのない様々な季節の食品加工品を作るため、学生達には大人気の授業なんです💙💜

さて、授業の様子を早速のぞいてみましょう!

今回は・・・

じゃじゃ~ん!!!イチゴジャムとスコーンを作りました‼

「ジャムを作ったことある人~?」と聞くと、チラホラ程度・・・

実はとてもシンプルにジャムは作れるのですよ!

▲まずはジャムの製造原理などについて学んだ後、いよいよ本番です

新鮮なイチゴは香りも色も「とてもきれい!!」です🍓🍓

たちまち実習室は、うっとりするような香りに包まれました(アロマ効果あり?!)

へたを除き、砂糖とレモン汁を加えて煮ていきます👨‍🍳👩‍🍳

▲コトコトと煮込んでいくと、透明なゼリー状に変わってきます

途中、「コップテスト」とよばれる方法でジャムが出来上がっているか確認します🍒

これは、コップに水を入れ、ジャムを一滴落とし、かたまりのまま底へ落ちれば完成の目安になる、というもの!

早速、試してみると・・・

ちょうどよい感じでジャムが沈んでいきます🍩🍪🍮

▲見事にコップテスト成功!!

 

次はスコーン作りです👍👍

美味しく作るコツを先生に教えてもらいながら即実践!

バターの温度が大切なようですよ!

▲班のメンバーと一緒に協力して作業を行います「これ、楽しいね~」

▲「これからオーブンに入れます!!」焼き上がりが楽しみ!

 

というわけで、できあがったのが↓↓↓↓↓

ふっくらスコーンと、きれいなイチゴジャム!!

 

▲さっくりとしたスコーンに手作りイチゴジャムをつけて食べました

どちらも簡単に作れるため、「今度家で作ってみよう」という声もちらほら!

やはり手作りのおやつって良いですよね!

次回の授業紹介にも乞うご期待💙💛