製菓衛生師国家試験を受験しました!

みなさんこんにちは⭐⭐

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です🍒

製菓衛生師専修科2年生とダブルライセンス制度を利用して調理師科や栄養士科へ進学した本科生が、

5月27日(月)に製菓衛生師の国家試験を受験しました🍨🍰🎂

当日は、大型バスをチャーターして、みんなで佐賀県の会場に向かいました🚌✨

▲学校を出発する前に、「全員合格」を祈願して記念撮影

▲受験票をしっかり持って、行ってきま~す

▲バスの中でも最後の追い込みをしています

会場に到着し、いよいよ受験です‼

▲合格目指して頑張るぞ~!

▲落ち着いて臨めました

出発前は少し緊張した様子でしたが、国試対策の授業や放課後の補講に

真剣に取り組んだ成果を十分に発揮することができました💯

終わった後、学生たちからは、「難しかったです」、

「補講のおかげで問題が解けました」などの声が聞かれました🧡❤

帰校後は、さっそく自己採点も行いましたよ!

6月の合格発表までドキドキですね😋😋

合格者のインタビューはまた次回!

結果が出次第お伝えします!!お楽しみに~🙋‍♂️🙋💚

製菓実習で「シャルロット・ポワール」を作りました

 

みなさんこんにちは🤡💚

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科です‼

 

今回は製菓衛生師専修科2年生(2年制コース)の製菓実習の様子をお伝えします🎵

 

今回のメニューは「シャルロット・ポワール」

▲ビスキュイ(スポンジ生地)に洋梨のババロワを流して固めた

これからの時期にぴったりのひんやり美味しいデザートです🍦🎂🍧

諸説ありますが、「シャルロット」は中世の貴婦人の飾り帽子に似ていることが

名前の由来と言われているんですよ~!

 

それでは、実習開始🤗

まずはスポンジ生地の仕込みからスタート!

▲ビスキュイ・キュイエール

ビスキュイのポイントは卵白をしっかり泡立ててきめ細かいメレンゲを作ること!

1年生の復習ですが、しっかり覚えているでしょうか?笑

▲作った生地を棒状と円状に絞って焼成します

2年生になると手早く、美しく絞ることが出来ます💙💛

▲焼きあがった生地をセルクル(型)に敷き込んでいきます

これがババロワを流す器になりますよ~!

 

次に洋梨のババロワを仕込みます‼

▲アングレーズ

卵と砂糖と牛乳を合わせたものを鍋で熱します⭐⭐

ゆっくり混ぜながら加熱し、程よいとろみのソースを作ります👍👍

それをアングレーズといいます!

ここでのポイントは83℃までしっかり加熱して殺菌を行うこと‼

温度を上げすぎるとスクランブルエッグが出来るため、ギリギリの見極めが必要な作業です💙💜

▲出来あがったアングレーズと洋梨のピューレ、

生クリームなどを合わせて先ほどの器に流し込んで冷やし固めます💮

出来上がりが楽しみですね🎵

 

最後に飾り付けをおこないます☺☺

▲薄くスライスした洋梨を並べて飾り用の粉砂糖でコントラストをつけます

とっても美味しそう~!

▲完成!

学生達からは

「洋梨の食感と洋酒の風味がよく美味しかった」

「次はアレンジして小さなプチガトーサイズのものや、

他のフルーツでも挑戦します!」

などの声が聞こえてきましたよ~!

これからもステキな職人を目指して頑張りましょう💜🧡

 

いかがでしたか?

このように平岡学園では学生達が夢に向かって学校生活を送っています!

気になる方はぜひ体験入学にお越しください🐰❤

 

それでは、今後も授業の様子などお伝えしていきますのでお楽しみに!