1人1台の実習台で出汁の取り方を学びました

 

みなさん、こんにちは🐥🍒

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です☺☺

1年生ものびのびと学校生活を楽しんでいるようです❤💙

今日は”初めての”「調理学実習」の授業を覗いてみましょう!

1番最初の授業では、料理の基本である「出汁の取り方」について学びました‼

まずは、示範で「昆布の違い」や「旨味成分」について学びます🍀🍀

▲しっかり講義を聞いていますね~

▲昆布の種類から学んでいきます

料理の種類によって使う昆布も変わってくるんですよ~‼

使い分けをするにより、より美味しい料理が作れるようになるんですね!

▲かつお節の種類もたくさんあります!

▲実際に触ったり、匂いを確認したりして違いを感じました!

この昆布とかつお節を使って、1番出汁と2番出汁の取り方を学んでいきます💛💜

講義が終わると実習室に移動し、実際に出汁を取っていきます🍒

1番出汁は主に、「すまし汁」などの、出汁本来の味が決め手になる料理に使われる事が多いです!

昆布を沸騰直前に取り出し、かつお節を入れます🐟🐟

▲沸騰したら火を止め、アクを取り除き、かつお節が沈殿したら濾していきます

1番出汁が取れたら、半量の水に1番出汁で使用した昆布とかつお節をいれ、2番出汁を取ります💙💛

そこに追いがつおを加えてまた、濾していきます‼

2番出汁は、味噌汁や煮物によく使われる出汁になります!

▲それぞれに同じ作業を同時進行していくので、お互いに確認しあうことが出来ます

平岡学園では1人1台の実習台を取り入れているので、誰か1人が作り、後は洗い物を・・・なんて事はありません🎵

その為、しっかりと技術が身につき、即戦力となる栄養士になれるのです!

▲1人で使える器具はこんなにたくさん!自分の台に完備されています

使用器具の順番待ちする事もないので、より充実した実習を受けることができます💮

▲自分で取った出汁の味もしっかり確認します(よしよし、美味しいぞ~!!)

▲すまし汁と味噌汁の完成!

味噌も学校の授業で先輩方が作ったものを使用しています‼

▲初めての実習頑張りました!

どの班も初めてでしたが、とても美味しく出来ていました!

次の調理実習では、羽釜でのご飯の炊き方と、若竹汁、鶏肉と春野菜の煮物を作ります☺☺

今回の出汁の取り方も復習しながら、少しずつ応用編に入っていきます!

しっかりと身につけて、調理も出来る栄養士を目指しましょう💛💙

また、実習の様子は紹介していきますので、お楽しみに〜!