臨床栄養学実習を行いました

 

みなさんこんにちは🤡🍒

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です⭐⭐

「調理もできる栄養士」を目指す本校では、様々な実習が行われています!

今回はその中でも臨床栄養学実習』という2年生の授業の様子をご紹介します❤💚

『臨床栄養学実習』とは、疾病をもっておられる方を対象にそれぞれの病態に合った食事について学び、実際に作る実習です!

今回のテーマは「一般治療食(常食)」です🍅🍆🥑

常食とは、入院患者様の中でも、特に食事についての制限がない方のためのもの!

ただ、そうはいっても病院ですので、他の治療食の基本になるため、

全般にバランスのとれたヘルシーメニューとなっています☺

メニュー

・ちらし寿司
・鰆の味噌つけ焼き
春キャベツのサラダ

・筍の香り揚げ

エネルギー:623㎉
タンパク質:23.5g
脂質:17.3g
炭水化物:89.4g
食塩:3.4g

お寿司の様に塩分が多くなりがちな献立も、寿司酢に塩を使わず混ぜ込む具にしっかり味を付ける事で、

決められた範囲の中で上手く献立を作成するポイントも学びました!

それでは早速実習の様子を見ていきましょう🐱❤

▲まずは切り物から!

▲下味をつけた筍に片栗粉をつけて揚げていきます

下味に使用している醤油は「出汁割り醤油」という、

こちらも塩分を抑えながら美味しく食事をしてもらう為の調味料を使用しています‼

▲魚も味噌で漬けて焼くのではなく、先に焼いて後から調味料を入れます

そうすることで、表面にしっかりと味が付いており、少ない調味料でも薄く感じないように工夫されています💮

▲盛り付けも1つずつ丁寧に行います!

▲講師の先生に盛り付けや出来上がりなど見てもらいます

実は講師の一ツ松先生は、本校を卒業後、総合病院で管理栄養士としてバリバリ働いてこられたスゴイ大先輩なんです!!!!

だからもちろん、”抜群に料理が上手い”と学生達からも尊敬されているんですよ~💜💙

▲試食タイム「(一応)病院食なのに、こんなに美味しい!!(笑)」

次回からは飲み込むのが困難な患者さん向けの「嚥下食」や脂質を抑えた食事など、

本格的に病院食について学んでいきます🍴🧡

今後も授業の様子をお伝えしますので、お楽しみに~!

 

今回作ったメニューは体験入学の「じっくり体験」で作ることができます❤💜

少しでも興味を持っていただけた方はぜひ、5/19(日)の体験入学にお越しください🎵

待ってま~す!!!