2年間で調理技術を身につけました

 

みなさんこんにちは🐹💙

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です‼

 

栄養士というと勉強ばかりで難しそう・・・と感じる方がいるかもしれませんが、

本校では様々な実習があり、現場で働く上で即戦力となる『調理の出来る栄養士』の育成を目指しています🎵

 

先日1年生の「基礎調理学実習」をお伝えしたので(先日のブログはこちら)、今回は2年生の実習を紹介しましょう💚💜

 

まずは「基礎調理学実習」!!

2年生になると1年生で行った基本的な切り物から一段レベルアップし、応用的な飾り切り等も習います!

▲木の葉南瓜

▲栄養士科2年 山浦 尚さん(熊本県:熊本商業高校 出身/内定先:日清医療食品株式会社 南九州支店)

見事!!パーフェクトに近い”梅人参”

それ以外にも・・・

▲カマボコの飾り切り

老人福祉施設や保育園などの行事食で使われることも多いんです‼

▲栄養士科2年 黒木 春花さん(宮崎県:延岡工業高校 出身/内定先:たちばな保育園)

細かい細工が美しいですね⭐⭐

▲野菜の切り物だけだはなく、鯵の三枚卸しも行います!

▲栄養士科2年 菊池 未咲さん(熊本県:東海大学付属熊本星翔高校 出身/内定先:児童養護施設 菊水学園)

専用の包丁を使って卸していきます!

▲鯵のラビゴットソース

 

卸したものは「調理学実習」で調理をしていきます👍

姉妹校である調理師科の講師から直接教わることもできるのが平岡学園の魅力

調理師科や製菓衛生師科を併設しているからこそ、専門の講師から様々な技術を学ぶことができます!

プロ直伝の”コツ”もマスターできるんですよ❤🧡

 

こちらは薄焼き卵を作っています!

▲栄養士科2年 池田 真優さん(長崎県:諫早商業高校 出身/内定先:飯塚病院)

さすが2年生!鍋の扱いもお手の物ですね🤡💚

 

2年生になるとこのように応用的な切り物や火を使っての焼き物を行い、

より実践的な技術を身に付けていきます‼

これらの基礎技術はすなわち、「大量調理」を迅速に美しく美味しく作るのに必要なんです!!!

例えば・・・

栄養士科では「給食管理実習」という学生約15名で200食の食事を作る授業があります!

200食の「ちらしずし」を飾るのに大量の「錦糸卵」が必要ですが・・・

▲大量の薄焼き卵を1枚ずつ焼いて、細く切っていきます(見事な出来映えですね)

 

完成品がこちら!

じゃじゃ~ん!

献立

・ちらし寿司

・すまし汁

・豆腐ハンバーグ

・天ぷら

・筑前煮

・サラダ

・小松菜のおひたし

・マーマレード寒

 

とっても豪華で美味しそうですね!

お寿司の飾りの「錦糸卵」が引き立ちます😋

煮物には梅人参、お吸い物には蝶まで入っていますね!

このように、飾り切りを加えることでとても「美味しそうに」「豪華」に見えますし、何より心がこもっていますよね💙🧡

食欲も増します!

 

このように平岡学園では「調理もできる栄養士」をめざし、基礎から応用まで徹底した練習を行っています💜💙

4月から新社会人となる2年生のみなさんにも、この2年間で身についた技術を是非活かしていただきたいと願います!