実習室開放に参加し技術を磨いています!

 

みなさんこんにちは💚💙

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です🎅⭐

本校では『調理もできる栄養士』を目指して学生たちが日々実習に取り組んでいます!

そこで今日は学生がどのように技術を身に着けているのか見ていきましょう!

本校では沢山の実習が行われています💙🧡

 

基礎的な技術を反復練習する「基礎調理学実習」

▲「基本技術」である野菜の切り方や魚の卸し方、卵料理など、大量調理に沿った課題を1つ1つ習得していきます!

 

次に、料理のレパートリーを増やす「調理学実習」

▲1人で使える実習台で、段取りや大事なポイントをより確実に学べます

 

更に、加工品を一から手作りする「食品加工学実習」

▲味噌の仕込みをしているところ!

保育園などに就職した際にも役立ちます‼

 

そして・・・

給食現場と同様の環境で学ぶ「大量調理実習」

▲250食~300食分の食事を作る、これぞまさしく現場栄養士がまずやっていく仕事です

 

一口に「調理実習」といっても、たくさんの授業があります!

どれも「調理もできる栄養士」の育成に欠かせないものになっています🎵

また本校では、これら以外に自由参加の補講授業(実習)を行っているんですよ⭐⭐

入学してから卒業までの2年間、包丁の握り方・姿勢から様々な切り物やなべの振り方まで

徹底的に調理の基本・応用を学んでいきます👍

「入学するまではほとんど包丁を握ったことがなかった!」という人でも、次第に上手くなります!!!

さらに学んだ技術の復習や技術向上にむけて反復練習したい人のために実施しているのが【実習室開放】の時間なのです!

平日の放課後や土曜日に実習室を開放して自主的に練習や試作等を行うことが出来る時間です🍒

もちろん、担当者がつきますので個別指導もしてもらえますよ⭐⭐

▲沢山の学生が自主的に自分の課題に取り組んでいます

 

普段の実習で自分が苦手とする所が分かったら、個別に習うことで「弱点の克服」ができます!

また、伸ばしたい技術についても集中して練習することが出来るとっても貴重な時間なんですよ⭐⭐

調理が苦手な学生もしっかりと練習を重ねれば、技術は着実に身についていきます💙🧡

 

▲大根の「かつらむき」の様子

 

▲栄養士科1年 緒方 公子さん(佐賀県:唐津南高校 出身)

こ~んなに長く剥けるようになりました!練習の成果が出ていますね!!

 

また、日頃授業を習っている講師から個別指導を受けることが出来ます

復習しながら、更に理解を深める事も出来るんです

 

このように学生のうちに基礎技術をしっかり身に付けることは、将来的に自分の力になります

就職後に即戦力になることができますよ🎵

 

後期の実技試験まであと2か月!
1年生は3月に初めての学外実習もあります💚💙

 

しっかりと就職後を見据え、即戦力として技術を発揮できるようにこれからも頑張っていきましょう!

 

 

 

生活支援技術が向上しました

 

みなさんこんにちは🤡⭐

福岡県小郡市にある 平岡介護福祉専門学校です❤💜

 

早いもので、今年も暮れようとしていますね💚🧡

今年はどんな1年になりましたか?

介護福祉士科の2年生は就職を間近に控え、卒業に向けて勉強と実技の習得に励んでいます!

実際にはどんな授業をしているのでしょうか?

「生活支援技術」という授業を覗いてみましょう⭐⭐

 

生活支援技術では、食事の介助、移動の介助、入浴の介助など、

相手に寄り添った介護ができるように様々な介助方法を学んでいきます🎵

今回の授業でも、介助する役、介助される役、記録役の3人1組になって練習していきますよ!

そうすることで、介助される方の気持ちがわかり、相手視点、客観的視点を兼ね備えた

介護福祉士へと成長していくことができます!

 

▲視力が低下し、杖を使用している方の介助です

 

ベッドから食堂へ誘導しますが、その前にこれから何をするか説明をします‼

 

▲歩行する時は腕につかまってもらい、少し前を歩くようにして誘導します

 

▲段差がある時は声掛けをして立ち止まります

 

安全に段差を越えられるように見守りましょう!

 

▲食堂についたら、テーブルに触れるよう促します

 

「目の前に椅子がありますよ」と説明します💛💜

椅子にも触ってもらい、転倒することがないように気を付けましょう!

 

▲終了後にみんなで検証し、改善点やよかった点などを全員で共有して次にいかします

 

これを繰り返すことで、就職してからも反省と改善をする習慣がつくのです👍

これこそヒラオカの即戦力!

さあ、就職に向けてがんばりましょう⭐⭐