応用調理実習でビーフストロガノフを作りました

 

みなさんこんにちは🤡💜

福岡県小郡市にある、平岡調理・製菓専門学校 調理師科です⭐⭐

 

最近、とても寒くなってきましたね❄

皆さん!体調管理をしっかり行い、元気に過ごしましょう❤💛

さて今回は、調理師科2年生の「応用調理実習」をのぞいてみたいと思います!

 

「応用調理実習」とは・・・

1人1台の実習台を使って、切り物から火入れまでを一人で行う実習です

1年生の時から比べるとレベルアップした実習内容となってます🎵

 

先日、洋食の授業で「ビーフストロガノフ」を作りました🥘💙

『ストロガノフ』とは、牛肉を使用し、デミグラスソースで煮込んだ料理のことです‼

 

授業の流れをご紹介したいと思います⭐⭐

▲初めは講師の先生のデモンストレーションからスタート

 

ビーフストロガノフの作り方のポイントである、火加減、野菜の切り方など詳しく学んでいきます🍒

 

▲学生も集中してメモをとっています

 

今日の一番のポイントは、「肉の切り方」と「切った肉を薄力粉とパプリカ粉を混ぜたものにまぶす」ということ!

ポイントを押さえたところで実習に入っていきます⭐⭐

 

最初は野菜類のカットから!

 

▲さすが2年生!どんどん調理技術があがっています

 

すばやく丁寧に!

2年生になったら、カットした野菜の大きさを揃えることが求められてきますよ~⭐⭐

また、作業中に時間を意識することも、とても大切です👨‍🍳👩‍🍳

作業効率も常に考えながら実習を進めていきます!

 

▲完成した料理がこちら

 

洋食では、煮詰めることがとても大事になってきます💙💚

煮詰めが甘いとソースの味がしっかりとまとまらず、味が変わってしまうからです‼

今回の実習では、バターライスと一緒に盛りつけ、より豪華に仕上げました!

とっても美味しそうにできましたよ🎵

 

▲美味しくいただきました

自分が作った料理と他の人が作った料理を食べ比べすると、同じ作り方でも味が違うことに驚きます!

他の人の料理を食べるのもいい勉強です🧐

 

平岡学園には一人一台の実習台があるので、自分のペースで作業を進めていくことができます☺☺

一人一台の実習台があるメリットは、1人ひとりの実習時間を確保し、しっかり基礎力が身に付けられることです⭐⭐

体験入学に参加すると、こういった平岡学園オリジナルの施設設備を見学することができます!

ぜひ一度、平岡学園にお越しください!

お待ちしております!