パティシエのたまごの授業に潜入!

みなさんこんにちはシンプル の絵文字

 

福岡県小郡市にある平岡調理・製菓専門学校 製菓衛生師科ですシンプル の絵文字

 

今回は、製菓衛生師科の「基礎製菓実習」の様子をご紹介したいと思いますダッシュ デコメ絵文字

今回の授業はチョコレートのテンパリングシンプル の絵文字

このテンパリングという温度調整を行う事で艶が良く、口どけの良い滑らかなチョコレートに仕上げることができます。◇・゜*かわいい*゜。◇ の絵文字

写真①

▲まずは先生のデモを見て、作業工程とポイントを確認します

 

デモが終わるとさっそく練習開始ですくま ばいばい デコメ絵文字

 

平岡の実習室には、1人1台のIHと実習台のスペースがあるので、自分のペースでしっかりと繰り返し練習ができます゜*かわいい/パステル*゜ の絵文字

写真②

▲まずはチョコレートを45~50℃くらいに溶かします

 

チョコレートが溶けたら、ボウルごと氷水につけながら28℃まで下げ、再度お湯につけて30~32℃まで温度を上げますシンプル かわいい の絵文字

 

これでテンパリングは完了です。゜・◇*かわいい*゜。◇° の絵文字

 

今回はこのテンパリングの練習を行った後、

フリルとシガレットというケーキに使われるチョコレートの飾りを作る練習を行いましたシンプル の絵文字

写真③

▲チョコレートをテンパリングした後、大理石の上にチョコレートを流し、パレットナイフで薄く伸ばします

 

実習台は、温度変化が小さい大理石が完備されているので、お菓子作りに適した環境で授業を受けることができますあげ↑↑ デコメ絵文字

 

写真④

▲薄く伸ばしたチョコレートが完全に固まる前にヘラを使ってチョコレートを削ります

 

完全に固まってしまうとフリルが割れてキレイな形を作ることができなくなるので、素早くすることがコツの1つですパステル( 〃▽〃) の絵文字

flil_stick

▲フリルの完成☆!

 

そして次は、シガレットの練習を行いますきらきら デコメ絵文字

写真⑤

▲まっすぐ勢いよく削るのがポイントです

 

2年生がついてしっかり教えてくれるので安心です白黒、シンプル の絵文字゜*パステル*゜ の絵文字

 

上手に出来たようですダイヤキラキラ*゜ の絵文字

写真⑥

▲製菓衛生師専修科1年 廣井 琉栞さん (沖縄県:那覇西高等学校 出身)

 

このように基礎製菓実習では、しっかりと技術を身に付けられるまで繰り返し練習を行う事が出来ますシンプル の絵文字

 

体験入学では、実際に授業で使用する実習室で製菓体験を行う事が出来ますよびっくりマーク !!!! の画像

興味のある方はぜひ参加してみて下さいねかわいい の絵文字

 

top_btn03