調理実習で和食を学びました!

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です

いよいよもうすぐ12月今年もあと少しですね☃

寒い毎日が続いていますが、平岡栄養士専門学校の学生は毎日元気いっぱいです💪

 

 

さて、今回は1年生の「調理実習」の様子を覗いてみたいと思います👀✨

本校では、1・2年生ともに、複数の調理関係の実習を並行して実施していますが、「調理実習」はそのうちの1つ。

和洋中華、製菓に至るまで様々なレパートリーを本格的に学びます。

 

 

本日は和食のメニュー😋♥
きのこごはん、さんまの幽庵焼き、ほうれん草の白和えです
この日は秋の食材を使用したメニューでした🍁
一見簡単そうに見える献立ですが、実は基本的かつ大事な基礎技術が盛り込まれている内容なのです💡

 

▲切り物をします!

入学してはや半年和包丁の扱いにも慣れ、切り物も手早く丁寧に切れるようになりました

▲剥きものをしています!

こちらは花蓮根と言って、包丁を使い、蓮根を花の形に剥いていくものです🌺
簡単そうに見えるかもしれませんが、なかなか技術のいる包丁の使い方です💪
このあと甘酢に浸け込み「蓮根の甘酢漬け」の完成となりました🎵

▲ほうれん草を茹でます!

火の通り具合が違うので根元からお湯に入れていきます😊
このような調理の基本もしっかり身についています
ほうれん草などの青物の野菜を色よくきれいに茹でれるようになりました👏

何度も実習で行うので、意外と難しい茹で加減の見極めもバッチリ出来るようになります

▲秋刀魚を卸します!

本日の主役の秋刀魚です魚の卸し方は、「基礎調理学実習」の授業でも行っていますので、みんな慣れた手つきでさばいていきます

このように、「基礎調理学実習」で習ったことを「調理実習」で復習出来るので、より確実に調理技術が身についていきます💪

▲秋刀魚を焼きます!

調理実習は4人班での実習ですが、メインとなるものについては、自分のものは自分で焼いて仕上げます👍一人一台仕様になっているからこそ!!

どれくらいの火加減で焼くとうまく焼けるかなど、自分で焼かないとわかりませんよね

「自分の分は自分で作ることが出来る!」ここが本校の調理実習の良い点です😊

▲「1人1台の実習台」など充実した設備があるからできる実習です!

 

出来上がった料理がコチラ!

とても美味しそうに仕上がりました😍

▲きのこご飯、さんまの幽庵焼き、ほうれん草の白和え

 

今回は和食の調理実習を紹介しましたが、栄養士校では洋食、中華、また製菓の授業もあり、多くの料理を学ぶことが出来ます😊🎶

「基礎調理学実習」で基礎を学び、「調理実習」や「大量調理実習」でそれを活かし更にレベルアップした技術を身に付けることが出来るので、本校の学生は「調理も出来る栄養士」として就職後も大活躍しています💪✨

 

また次回は他の実習の様子もご紹介していきますのでお楽しみに~🧡💛

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

 

 

今年の文化祭はWithコロナ~栄養士校編③

こんにちは🌞

平岡栄養士専門学校です

 

毎年、多数の方にご来場いただいている平岡学園文化祭ですが、このたびは、コロナウイルス感染のリスクを鑑み、スタイルを変えての開催となりました👐

中でも栄養士校では、史上初!『個人作品の展示』をメインとし、更に9つのパートに分かれ、それぞれ成果発表の場を設けました😌

 

これまで2回にわたり、栄養士校の文化祭の様子をアップしています

是非見てみてくださいね

 

今年の文化祭はWithコロナ~栄養士校編その1

 

今年の文化祭はWithコロナ~栄養士校編その② 

さて、今回は、『実験』、『栄養相談』、『クローズアップ』、『(実行委員による)学校紹介』、更に『学生による食育料理教室』、そして『学生によるストレッチ体操指導』の紹介です🙋

 

コロナのために、今回はスタイルを変えて発表した『実験』『栄養相談』『クローズアップ』のパート

場所はアリーナの3階です

▲アリーナでは栄養士校のパート発表の他、介護福祉校によるステージ発表も行われました

▲介護福祉校では留学生によるダンスなども披露され拍手喝采をあびていました👏

 

さて、栄養士校・実験パートのテーマは『微生物』

ウイルスや細菌の他、日本の食品に多く利用されている発酵食品について調べたことをポスターにまとめました👌

▲コロナウイルスを含む微生物について調べてみました🔍

 

栄養相談パートは、毎年恒例の「ヴァーチャルレストラン」は中止し、ポスターと「骨密度測定」、「ストレッチ体操」を行いました🤸

▲アリーナ内に掲示するため字も大きめに設定するなどの工夫をしました💡

 

大好評の「ストレッチ体操」は今年も実施!!寸劇を交えてのユーモアたっぷりのショータイムに皆も大喜びです🤗

▲寸劇の登場人物はマリオ?とその仲間たち??

 

▲栄養士校の仲間たちも参加、おおいに楽しんでいました🧡💛

 

アリーナでは、今回実行委員による「学校紹介」コーナーもお目見え

来場いただいたご家族に向けて「学校生活紹介」や「授業内容紹介」というテーマでポスターを作成したものです🎵

▲全員で全力投球!!した学校紹介媒体の数々✨

 

次は「クローズアップ」コーナー⭐

今年はやはりこれ!”コロナ”を取り上げました

▲コロナに関する基礎知識や、免疫力UPのための料理など、様々な視点からコロナを攻めました

▲合間には「消毒班」として学園内の消毒に励みました!(ご苦労様でした)

 

最後に、大きなコンベンションホールを使用した「学生による食育料理教室」の様子を紹介しましょう✊

▲メンバーは「食育パート」の選抜メンバー✨実は、パート内で一定期間課題にとりくみ、オーディションによって選ばれたチームだとのこと😄

 

▲1つは「アレルギー除去食~クリスマスの日」 可愛い飾り付けですね😍

▲もう1つは「キャラ弁~クリスマス仕様」お客様の目の前でみるみるうちに可愛いお弁当が完成していきます😊

 

いずれもパワーポイントを駆使し、テーマに沿った栄養と調理のポイントを説明しながら教室を実施しました

▲クイズも取り入れて解りやすく説明しました💫

 

以上、3回シリーズで披露した栄養士校の文化祭、いかがでしたでしょうか😆

来年はコロナの心配なく大勢の方に来場していただけるよう、心から願っています🧡💛

来年にもこうご期待💪💪✨

今年の文化祭はWithコロナ~栄養士校編その② 

こんにちは😊平岡栄養士専門学校です

毎年、多数の方にご来場いただいている平岡学園文化祭ですが、

このたびは、コロナウイルス感染のリスクを鑑み、スタイルを変えての開催となりました

中でも栄養士校では、史上初!『個人作品の展示』をメインとし、更に9つのパートに分かれ、それぞれ成果発表の場を設けました🙌

今年の文化祭はWithコロナ~栄養士校編その1

 

 

 

さて、今回は栄養士校の調理系パート、『食品加工』、『バザー料理(弁当・点心)』、『サービスチーム』の紹介です🌈

 

 

まずは『食品加工』💗

▲パート配属は希望制「加工大好き!」という学生達が集まりました

 

毎年“手作り”“無添加”のソーセージや梅干し、味噌、豆腐、らっきょう等を製造販売しています😋

どれも大好評のため、定番として製造しているのですが、今年は種類を絞り、限定販売することにしました😊

 

中でも大人気のため「即」売り切れてしまうのがソーセージ

▲無添加でぷりぷりのソーセージ

栄養士校では授業でも手作りソーセージを教えています。学生に人気ナンバーワンの授業なのです👐

▲スモークも本格的に行います🙋食品加工実習室に隣接した「食肉加工室」で衛生的に製造しています✨

 

味噌も大人気の一品文化祭以外でも購入希望の方が多く、現在はカフェでも販売しています😊

▲小郡特産の大豆「ふくゆたか」と、同じく地元産の麹をあわせて作ります😊

 

 

 

次はバザーです

今回は保護者のみの「完全予約制」とし、座席もソーシャルディスタンスをとって設置しました👌

▲今年は栄養士と調理師の合同チームを結成、3ヶ所に分かれてお客様をお迎えしました🤗

▲テーブル等の消毒も念入りに行います

 

料理の内容も定番のみとしました栄養士校では「点心」と「栄養満祭弁当」を担当します🙋

今年の「点心」はテイクアウトのみの販売としました

▲点心セット✨パオをふっくら作るには高い技術が必要なのです🙆

 

▲栄養バランスも見た目も美しい栄養士校伝統の「栄養満祭弁当」👍

 

▲終了後にバザー&サービスチーム全員で記念撮影📸やりきった感の笑顔です😆✨

※撮影の時だけマスクを外しました

 

当日は一番集合時間も早く、忙しかった食バザーチーム💕
その甲斐あって、とても「おいしい」とお客様から大絶賛をいただきました

よかったですね~😊🧡

 

次回は栄養士校文化祭紹介の最終回

「実験」「クローズアップ」「学校紹介」のポスター発表の様子をお届けします🙋乞うご期待

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

今年の文化祭はWithコロナ~栄養士校編その1

こんにちは平岡栄養士専門学校です😄

毎年、多数の方にご来場いただいている平岡学園文化祭ですが、

このたびは、コロナウイルス感染のリスクを鑑み、スタイルを変えての開催となりました😌

中でも栄養士校では、史上初!『個人作品の展示』をメインとし、更に9つのパートに分かれ、それぞれ成果発表の場を設けました

 

▲今回は、在校生とそのご家族のみを対象とした開催となりました✨

▲検温とアルコール消毒も念入りに

 

まず、今回は、栄養士校の『個人作品展示』の様子を紹介しましょう✊

▲1,2年生の個人作品が並んだアリーナ会場壮観です

 

平岡学園の「文化祭」は今年で52回目

その長~い歴史は、調理師校から始まりました

▲歴史を感じます!

 

第一回目から『学生一人一人による創作料理の展示』と銘打ち、全国でも珍しい取り組みを行ってきました😄

ということで、調理師科・製菓衛生師科では毎年恒例となっている創作料理なのですが、

実は、栄養士校ではこれまで個人献立の料理を展示する、ということはしていませんでした

今年はコロナの中での開催となったため、『栄養士も挑戦してみよう!』と

栄養士も個人作品に取り組みました🌟

 

1年生の課題は、「郷土料理」を取り入れた一般食一食分✨

▲出身地の”郷土料理”、もしくは”郷土の食品”を取り入れた献立で、1食分の栄養価の目標値も決まっています

 

それでは、いくつかの作品を紹介します🙋

まずは、渡邉遙さん(福岡県:福岡第一高校出身)

▲地元・山口県の”瓦そば”を取り入れた献立となりました

 

 

次に、永石千尋さん(佐賀県:佐賀学園高校出身)の作品

▲佐賀の郷土料理「須古寿司」を中心に、特産の「蓮根」「玉葱」をアレンジした副菜をあわせてみました

 

最後は、今朝石桃花さん(福岡県:小郡高校出身)の作品です

▲大雨災害の傷跡がいまだ残る朝倉地域。主菜とした郷土料理の「くずかけ」に復興の願いが感じられる作品です

 

 

 

2年生の課題は、臨床の課題と季節をとりあわせた1日分の献立✨

▲1日分の献立の中から一食分の食事を作り展示します

 

2年生の献立からいくつか紹介します💁

まずは、課題「小児アレルギー対応食」+「春」より
岩﨑美夏海さん(福岡県:柏陵高校出身)の作品🎵

▲子供が喜びそうな華やかな献立です

 

次は、課題「減塩食」+「春」より
裾分啓生さん(鹿児島県:鹿児島商業高校出身)の作品

▲珍しい洋食のコースで美味しく減塩を目指します

 

次は「低エネルギー」+「冬」の課題より
大平綾乃さん(鹿児島県:加世田高校出身)の作品⭐

▲”低エネルギー食と思わせない”、見た目も豊かな洋コース料理です

 

いかがでしたでしょうか😁

それぞれ全力を尽くしてがんばった個人献立。きっと今後の成長につながるきっかけになることでしょう👍

次回は調理系(バザー)パート・食品加工のパートを紹介します

お楽しみに~🧡💛

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

平岡栄養士専門学校 内定速報!

こんにちは🤗

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です

文化祭研究時間の超多忙の最中ながら、本校の2年生たちは積極的に就職活動を行い、続々と就職を決めています💪

さて、本日も内定をゲットしたばかりの学生達を紹介しましょう

今回は、県内の直営病院に内定が決まった3人です🧡💛

 

 

まずは、中野萌衣さん(福岡県:古賀章成館高校出身)です

▲落ち着きがあって真面目な中野さん😌

Q:そもそも病院栄養士になりたいと思ったきっかけは?

A:家族が病気になり、食事療法が必要になった時、初めて栄養士という仕事を知りとても興味を持ちました👩高校一年の時でしたが、それから病院に就職したいとずっと思っていました

▲文化祭では「食育料理教室」を担当しています🎵

 

Q:内定先の門司松ヶ江病院はどんなところですか?

A:病院も敷地もとても広くて、緑が多くて景色がよく、癒される場所です💖

▲門司松ヶ江病院

 

Q:将来はどんな栄養士になりたいですか?

A:皆に信頼され、美味しい料理を提供できる栄養士になりたいです🤲

 

中野さんだったらきっと大丈夫頑張ってくださいね💪

 

 

次は、野口紗緒里さん(福岡県:星琳高校出身)です

▲いつも明るく元気な野口さん😁

 

Q:そもそも病院栄養士になりたいと思ったきっかけは?

A:2年生の夏休みに学外実習で病院で2週間お世話になった際に、病態にあわせて変化する食事に興味をもちました🤗✨

▲絵が得意な野口さんは、文化祭のクローズアップコーナーで大活躍

 

Q:内定先の堀川病院はどんなところですか?

A:アットホームで、職場の皆さんがとても優しくて、働きやすい場所だと思いました

▲久留米市の堀川病院

 

Q:将来はどんな栄養士になりたいですか?

A:私は調理が好きなので、どんな病態食でも「美味しい」と言っていただける食事を提供できる栄養士を目指します😄✨

 

調理師の免許も併せ持つ野口さん、患者様たちに美味しい料理を作ってさしあげてくださいね😊

 

 

最後に登場するのは、森本聖奈さん(長崎県:島原商業高校出身)

▲何事にも意欲的な森本さん本学園のWライセンスコース出身で既に調理師の免許を持っています

 

Q:そもそも病院栄養士になりたいと思ったきっかけは?

A:高校時代にスポーツをしていたので、身体づくりこそが大事なのだと思ったことが栄養士になろうと思ったきっかけです👌あとは、先輩の話も聞いてこの病院を希望しました😄

▲文化祭では「お弁当班」のリーダーです

▲森本さん達が作っているお弁当🧡とても美味しく美しいですね~!😋

 

Q:内定先の桜十字福岡病院はどんなところですか?

A:都会のど真ん中にある綺麗な病院!という第一印象でした👐

料理にとてもこだわっておられることがとても素晴らしいと思います✨

▲桜十字福岡病院は天神のど真ん中にある大きな病院です

 

Q:将来はどんな栄養士になりたいですか?

A:バリバリ現場の仕事をこなして、将来は管理栄養士になって活躍したい!と思っています💪

 

それぞれ自分で描いたビジョンに向かって歩き出した3人

将来が楽しみです

母校からもエールをおくります👏

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP

 

 

 

学生おすすめの授業 『給食管理実習』

みなさんこんにちは🐥

福岡県小郡市にある平岡栄養士専門学校です

 

今日は学生に人気の授業の1つである「給食管理実習」をご紹介します💁

「給食管理実習」とは献立を作成し、実際に調理・栄養指導までを行うことで

より良い献立のたて方や、大量調理ならではの作業工程を学ぶことができる実習です

 

約15人で最大300食の食事を作り、お昼の給食として平岡学園の学生に提供しています😊

現場さながらの施設設備で大量調理を行うことで、就職後、即戦力として働けるように様々な事を学びます🤗

 

それでは、授業の一連の流れを見てみましょう✊

まずは、献立作成、作業工程作成など、班のメンバーで話し合い、当日の現場での実習がうまくいくように、段取りを行います✨

▲レポートを記入しながら、当日の作業工程を打ち合わせています💫

 

 

次に、当日作る献立の試作を行い、みんなで検討会をします

▲全体の量や、見た目のバランス、盛り付け方などを考えます⭐

 

 

次は、媒体作成です⭐

当日喫食にくる学生に配るメッセージカードや、机の上に飾る卓上媒体を作ったり、栄養指導を行うためのポスター作りを行います🖍

▲400食程度提供することもあるため、メッセージカード作りも一仕事

▲でも、手を抜かず、ひとつひとつに心を込めて作ります🧡

▲皆で協力し合って栄養指導の模造紙書きを作成しています✏

これらの準備を行い、当日の現場での授業に備えます✊

 

 

ではここからは現場の様子です

▲まず、朝は大量の野菜の切り込み、下処理などを行います🍆🥒🥕

▲基礎調理学実習で基本の切り方を学び、大量調理の現場で実際にたくさん切ることで、スピードなども身に付きます

▲肉や魚の下処理も丁寧に😌

▲たくさんの食材に最初は驚いたものですが、今では慣れた手つきでさばいていきます

 

下処理が終わったら、実際の現場さながらの厨房機械を使い、調理をしていきます

▲大きなフライパン🙄!!


▲「炊飯器」この一釜で約5キロのお米が炊けますさらにそれが3段ありますので、約200食分ほど一気に炊くことができます👌

▲煮る、焼く、蒸すなどの調理が何でも出来る「スチームコンベクションオーブン」 病院や施設ではもちろん、保育園でも使用しているところが多い機械です😄

▲大量の煮物、炒めものが出来る「回転釜」✨

▲一定の温度を保って揚げられる「フライヤー」

 

これらの機械類を就職前から見たり、使ったり出来ることが、就職後とても役に立った授業と言われる理由の一つかもしれません💡

▲出来上がった料理を計量中

1人分の量が一定になるように、しっかり計量をしてから盛り付けを行います💫大量調理ならではの作業です

▲調理中ですが、とても楽しそうですね😆

▲出来あがった料理の提供ですチケットを受け取り案内をします💁‍♂️

 

▲ランチタイムには栄養指導も行います💫
おいしいランチを食べながら栄養やマナーについて勉強をすることができます👌

 

 

さて、このようにして完成したメニューを紹介します

▲ある日の和食のメニュー

▲ある日の洋食メニュー

▲ある日の中華メニュー

これは一部のランチですが、毎回、和・洋・中の料理を順番に入れ替えて提供しています😊

栄養価はもちろん、味、見た目にもこだわった栄養満点のランチです😋

 

 

提供が終わったら、さあ、片付けです!

▲鍋磨きはすっかり得意!ぴかぴかに磨きます

▲床磨きもしっかりと!

 

 

このように、チームで協力してひとつのものを作り上げることで、コミュニケーションをとりながら作業することや、全体を見て臨機応変に動くこと、また事前の準備や、掃除の大切さなど、就職して働く上で大切なことを学ぶことが出来ます

在校中の学生はもちろん、就職した卒業生からも一番役にたったと言われる学生おすすめの授業です🤗

 

これからも、就職して即戦力として働ける学生を育成するため、より一層授業に力を入れていきます

平岡栄養士専門学校 内定速報!

みなさんこんにちは😄

朝夕が肌寒い季節になりました🌀

 

今回も内定者を紹介していきます

 

まず1人目は

佐藤 兼太さん(福岡県:朝倉光陽高校出身)

平岡栄養士専門学校に近い小郡市西鉄小郡駅のすぐそばにある医療法人社団シマダ 嶋田病院に内定しました

嶋田病院では地域の開業医および近隣病院との地域医療連携を行っておられます😊小郡市になくてはならない総合病院です

▲平岡で学んだ専門的な知識は卒業後も活かしていきます💪

 

佐藤さんに早速インタビューしてみました🎙

Q1嶋田病院を受験した理由は?(志望動機)

A.職場が自宅から近いという事がまず一番の理由ですまた、4年後は必ず管理栄養士の資格を取りたいと考えています急性期の総合病院で卒業後も沢山の経験が積めると思ったからです❗❗

Q2見学に行ってどのように感じましたか?

A.先輩が多く、大変丁寧に説明して頂けました✨きれいな病院で働きやすいのではと感じました😊

Q3入職後はどんな仕事に取り組みたいですか?

A.まず現場で調理の仕事を完璧にこなしていく事が目標です💪また、栄養士としての業務にも少しずつ携わりたいと思います

▲病院実習でお世話になった病院の管理栄養士さんと一緒に😄

 

Q4目指す栄養士像はどのような栄養士?

A.後輩から尊敬される栄養士になりたいと思っています⭐

Q5目指す栄養士になるために卒業までに取り組みたいことは?

A.まだまだ勉強不足を感じていますが、座学、実習両面において頑張っていかなくてはいけないと感じています

Q6平岡に入学して良かったことはありますか?

A.栄養士としての専門的な知識が学べたことは就職しても活かしていきたいです🌟

 

 

2人目の内定者は

林 陽奈子さん(福岡県:博多高校出身)です

▲いつも笑顔で元気いっぱいの林さんです😄

社会福祉法人 光会 花見光こども園・庄ひかりこども園に内定を頂きました園の所在地は福岡県古賀市にあり、食育にも力を入れておられます🎵味噌や、梅干し、らっきょう漬けなども園で手作りしておられるそうです

 

Q1保育園を受験した理由は?(志望動機)

A.子どもも好きで調理も好きなので、どちらとも携われる保育園を志望しました🤗

Q2見学に行ってどのように感じましたか?

A.食育に力を入れられていて、子ども達の健康な身体作りを目指しとても魅力を感じました😊

Q3入職後はどんな仕事に取り組みたいですか?

A.子ども達と関わりながら調理も栄養もしっかり考えられる仕事に取り組んでいきたいです💪

 

▲食べ歩き~福岡市のエストランひらまつにて。とびきりの笑顔💛!!

 

 

Q4目指す栄養士像は?

A.子ども達が卒園して大人になっても覚えてくれている給食を作る栄養士です🌟

Q5目指す栄養士になるために卒業までに取り組みたいことは?

A.とにかく勉強!!そして、子どもに関わる機会を増やす事です

Q6平岡に入学して良かったことはありますか?

A.何といっても調理技術の向上です💪✨そして同じ道をめざす友達に逢えたことです😊また、先生達が就職のお世話をとても良くしてくれる事に感謝しています🧡

 

 

2人とも目指す栄養士になれるよう頑張ってください🚩

応援しています🙆

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

→TOP