「巣立ち応援事業」の特別講義を受講しました!

みなさん、こんにちは🌞

福岡県小郡市にある、平岡介護福祉専門学校です

先日、1年生2年生合同で「巣立ち応援事業」の特別講義を受講しました🤗

福岡県は「巣立ち応援事業」として、若者の消費者被害の未然防止を図るため、各学校での消費者教育出前講座を実施しています😊

▲私たちの生活にも身近な、「契約と消費者トラブル」を中心に、わかりやすく講義をしていただきました

▲講師は消費生活相談員の馬渡志保先生です

 

 

 

現在、成人は20歳ですが、2023年より、18歳から成人となります😊

成人になるということは責任も伴う、ということや、よくあるトラブルの話を、スライドや、DVDなどを通して学びました😄

 

▲事例を挙げて分かりやすく説明していただきました

 

また、クーリング・オフの具体的な方法についても学びました😊

 

 

クーリング・オフのはがきを書くワークも行いましたよ👍

▲実際に書いてみることで理解が深まります🖍

 

頼りになる、困ったときの相談先「消費者生活センター」への連絡・相談などについてもわかりやすく教えて下さいました🤲

私たちの生活に役立つ、とても充実した講座でした

『生活支援技術』人が寝ている状態でのシーツ交換を学びました

こんにちは

平岡介護福祉専門学校です😊

 

今日は生活支援技術B・・・人が寝ている状態でのシーツ交換を行いました👌

まずは、シーツの畳み方

枕元の学生が主となり、副の学生に声をかけ、広げやすく畳みます🤲

▲左側の副学生:安田あゆみさん(熊本県:球磨中央高校出身)

 右側の主学生:椛島里紗さん(長崎県:長崎日本大学高校出身)

 

利用者役の学生を側臥位にして、シーツを剥ぎ、新しいシーツを敷きこみます

▲左側の副学生:山村麻結さん(福岡県:三井高校出身)

 右側の主学生:ジャノリノ アティナ マグスムボルさん(フィリピン)

 

この授業は男女混合で行いました

▲左側学生:矢野希さん(福岡県:福岡常葉高校出身)

 右側学生:チャウダリ マン ハバドウルさん(ネパール)

 

「先生・・・わからない」と質問があれば、マンツーマンで手取り足取り教えます(笑)

きれいな三角コーナーができそうです🤗

▲左側:体格のよい教員

 右側:高山紗妃さん(福岡県:浮羽工業高校出身)

 

何度も練習して、技術を身につけていきましょう👍

介護福祉士国家試験、頑張りました<(`^´)>

皆さん、こんにちは😄

平岡介護福祉専門学校です(^○^)

先日、第33回介護福祉士国家試験が無事終わりました

2年生全員が国家試験に臨みました👏

 

今ではこのカウントダウンの黒板が懐かしい

「あと、何〇日だね」「まだ何〇日もあるよ」黒板の数字は頑張ろうとやる気を引き出す数字でした

▲試験まで黒板でカウントダウンしながら頑張っていました💪

 

年末年始は国家試験対策授業を受け、

1月は土曜日も自主的に登校し、学生達は最後の追い込みを頑張りました✨

▲左側:介護福祉科 2年 大渡愛斗さん(長崎県:川棚高校出身/内定先:社会福祉法人ゆうかり学園)

 右側:介護福祉科 2年 岡本健太さん(大分県:別府溝部学園高校出身/内定先:医療法人 清水会)

 

一人暮らし、寮暮らしでは中々集中して学べない学生もいます。

登校し、共に学ぶ、これが学習効果を高めました(^O^)/

 

わからないことは、先生とほぼマンツーマンで教えてもらいます

▲左側:介護福祉科 2年 石渡菜々子さん(福岡県:福岡農業高校出身)

 右側:介護福祉科 2年 杉本好さん(熊本県:牛深高校出身)

 

そして、緊張の当日🙌

九州各県から来た学生もいろいろな国から来た留学生も介護福祉士国家試験に臨みました

 

国家試験の翌日2月1日(月)には全員登校して、自己採点します

▲自己採点の結果に一喜一憂(^O^)/(ーー;)

 

それでも、しっかり自己採点に臨みました。

後は3月26日(金)の合否発表を待つのみです😊

生活支援技術『ポータブルトイレ介助』

こんにちは🌞

平岡介護福祉専門学校です(^○^)

 

今日は生活支援技術B、排泄の介護からポータブル介助の授業の様子です

まずは、先生からポータブルトイレに座った利用者のリハビリパンツ交換の説明です💁‍♂️

『ズボンを全て脱がさなくても、パンツが交換できる!!』

学生からも「すごい!」と言葉が出ていました😳

 

▲左側:北島怜先生(介護老人保健施設しらさぎ苑:介護校卒業生、施設の実習指導者)

右側:清水康平さん(福岡県:小郡高校出身)

 

次に認知症のご利用者をポータブルトイレに誘導するときのポイントを説明されていました

▲左側:チャウダリ マン パハドウルさん(ネパール)

 右側:北島怜先生

 

それぞれ、先生の模範実践の姿を真剣に見ています💫

▲左側:佐藤美樹さん(佐賀県;鳥栖商業高校出身)

 右側:椛島里紗さん(長崎県:長崎日本大学高校出身)

 

 

ポータブルトイレに座った利用者へ排便を促しす為の腹部マッサージも学びました😊

▲左側:テレンショ マリセル エスカニラさん(フィリピン)

 右側:サイリン ホープ ジェイソン スイコさん(フィリピン)

 

 

最後は各グループより1組ずつ実践してもらいます

生活支援技術は介護実習や卒業後もとても大切なものです

練習を繰り返し、身につけていきます✨

 

暑くなったり、寒くなったり、気温差がある毎日が続きます😔

皆さん、体調管理には十分に気をつけてください🙋‍♂️

 

介護校の調理実習の風景

みなさん、こんにちは

福岡県小郡市にある平岡介護福祉専門学校です

今日は、平岡介護福祉専門学校のオリジナル授業【調理実習】のご紹介です

介護校では、1年生の後期に「生活支援技術C」という授業のなかで、調理実習を行います高齢者の方は学生と味覚も好きな料理も異なります🤗

平岡学園は栄養士校、調理・製菓校もあるので、介護校でも高齢者の方々が好む料理の本格的な調理方法や知識、技術を学ぶことができますよ🧡💛

 

講師の先生は、調理師校のベテランの先生です!!

▲調理師校の平田恵美子先生がわかりやすく教えてくださいます🎵

昆布や鰹節からの1番だし、2番だしの取り方や、ご飯の炊き方などの基本をしっかり学ぶことができます💪

はじめは、説明をしながらの先生のデモンストレーションです

▲包丁を持つ手がぎこちない学生も、真剣に一生懸命に取り組みました

わからないところは、先生が丁寧に教えて下さるので安心です😍

お吸い物に入れるかまぼこの飾り切りも教わりましたよ🤲

▲かまぼこのちょうちょもかわいいですね

 

家でも料理をしている学生は、手つきもよく、上手です

 

▲サラダ菜を添えて盛り付けます

盛り付けも丁寧にします🤗

 

1回目の調理実習では、ごはん、肉じゃが、3色野菜の胡麻和え、味噌汁、牛乳羹を作りました

2回目の調理実習のメニューは、ごはん、鯖の味噌煮、かぼちゃのサラダ、かまぼこのすまし汁でした

美味しそうですね~! レパートリーも増えますね

自分たちの作った料理、食べるのも楽しみです!!

美味しくて、ためになる、楽しい調理実習の授業です

 

平岡介護福祉専門学校では、介護の知識技術だけでなく、食についても学べます👏✨

人が生活するうえで欠かせない【衣・食・住】の全てを学ぶことで、より介護が必要な方に寄り添えることが出来るようになります😊

介護福祉士国家試験近づく(ーー;)

皆さん、こんにちは(^○^)

平岡介護福祉専門学校です

令和2年度 第33回介護福祉士国家試験まで残すところ、あとわずかとなりました🙌

この日は1月16日土曜日

授業はありませんが、国家試験に向けて自主的に登校しています

▲ルンバイ ケネス ジャンネ ダガアンさん(フィリピン)

苦手科目を教員協力の元、取り組んでいます💪

「認知症の理解」を学んでいる姿です

 

今年の試験会場は福岡市内と北九州市内の3か所となっています

全員合格を目指して、全員頑張っています。

みんなラストスパート!頑張りましょう💪💪

 

介護士校2021年の抱負

みなさんこんにちは

福岡県小郡市にある

調理製菓栄養介護の専門学校の

平岡学園です

 

先日、栄養士校の2021年の抱負についてお伝えしました

栄養士校2021年の抱負

 

 

今回は”介護士校の2021年の抱負”を

介護士校の真子校長先生にお尋ねしたので

みなさんにご紹介します

 

大きく3つの抱負を掲げてくださいました

~真子校長先生より~

まず一つ目は、介護を目指す学生を増やします。

「2025年問題」に近づいてきましたが

“介護の人材不足”と悠長なことは言えません。

2025年の介護を担う人材を私たちが養成する役割があります。

介護の現場は賃金が改善されたり働きやすい安定した環境にあり、

何よりも「やりがいがあり、ステップアップできること」

たくさんの高校生たちに伝えたいです。

 

▲介護校には『介護福祉士』を目指す留学生が多くいます!

 

2つ目は、日本人学生の介護福祉士国家試験合格100% 留学生50%の合格

実技を上達することはもちろんですが

卒業する前に大切な「介護福祉士国家試験合格」を目標にします。

目標に向かって学生と教員が一体となって分かりやすい授業で

「理解から考える」を学生へ伝えていきます

 

▲みんなで協力して勉強に励んでいます!

 

3つ目は、リーダーシップの取れる学生を育成

実習や学校行事、グループワークを通して

学生たちは自分の弱点を見つけ出し、改善し、成長していきます。

リーダーの経験をすることで企画やフォロワーの難しさを知り

その重要性を実感していきます

▲車椅子の操作も慣れてきました😊

 

 

真子先生より、素敵な抱負をいただきました

 

みなさん2025年問題はご存じですか

2025年問題とは、後期高齢者(75歳以上)の人口が増え、

医療や介護などの社会保障費の急増が懸念される問題のことです。

後期高齢者は国民の1/4になるといわれています

 

人材不足と言われている介護業界。

実は最近では賃金が見直されたりと変わってきています

ですが介護福祉士の資格を持っているのと持っていないのでは

お給料は大きく異なってくるのです。

また、最近では奨学金制度も充実してきています

 

学校でしか学べない実習や学校行事等を通し

即戦力となれる人材に育成

2年間の集大成として国家試験の合格まで

みなさんを職員一同しっかりとサポートしていきます